株式会社クアトロ

株式会社クアトロ

086-206-6258 086-206-6232

GAPについて

★GAPとは

GAPとは、「Good Agricultural Practice」の頭文字をとったものです。直訳すれば「良い農業のやり方」となりますが、一般的には「農業生産工程管理」または「適正農業規範」と呼ばれておリ、農業における食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための農場生産工程管理の取組のことを指します。
この取組を、多くの農業者や農場、産地が取り入れることにより、結果として持続可能性の確保、競争力の強化、品質の向上、農業経営の改善や効率化に資するとともに、消費者や実需者の信頼性向上に繋がることが期待されています。

食の安心と安全の認証「GAP」の取り組み支援

農業を事業として行うにあたっては、順守すべき法律や行政指針、または時代の要請や良識などがあります。これら法令などを順守するために、日々の農場管理という仕事の中で実施すべき最低限の基準づくりが必要となります。
※弊社では、主に「JGAP」及び「ASIAGAP」の認証取得に関してのコンサルティングを承っております。

JGAP・ASIAGAPは、食の安全や環境保全に取り組む農場やJA等の生産者団体が活用する農場・団体管理の基準であり、日本発の認証制度です。
(農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法の1つ)

GAPではいろいろなルール作りや基盤作りがありますが、一度ルール作りや取組を行えばそれで完成というわけではありません。さらに改善を続けることによって生産性の向上や競争力の強化が図れ、次世代に引き継げる農業経営を構築することができます。

食品である農産物を生産する現場において、農業生産者自らが生産工程全体についてのPDCAサイクルを構築します。

  1. 現場の課題を洗い出し、実行計画を立てる(Plan)
  2. 立てた計画これに沿って作業を実施・記録・運用する(Do)
  3. 計画どおり実行されたかを検証する(Check)
  4. 次の生産に向けて作業の改善に結びつける(Action)

PDCAサイクルを機能させることによって、課題や問題点を抽出し、それを改善していくことで、仕事の効率化、作業場の衛生面での向上などが期待できます。

また、農薬の残留、病原微生物や重金属等の混入など、消費者の安全・安心を脅かす危害が発生しないよう、生産物をチェック・管理できるだけでなく、環境保全や経営改善、生産者の安全などを確保することにも有効な手法であることから、各産地でGAP導入に向けての取り組みが始まっています。

GAP認証取得までのSTEP

  1. 社内研修(JGAPの理解)
  2. 責任と権限の明確化、組織図の作成
  3. 生産環境の確認とリスク検討
  4. 農場のルールづくりと必要書類、様式等の整備
  5. 環境整備とルールの周知徹底、従業員教育
  6. 生産活動の実施と記帳(実際の運用)
  7. 記録と検証、自己点検の実施
  8. 審査受審
  9. 認証書発行(認証取得)

★認証取得まで

認証を取得するまで、約半年~1年の期間を要します。

実際のコンサルティングは、月1~2回の訪問とし、審査のフォローアップまでお手伝い致します。

★各種料金等

現場における多様な問題を掘り下げ、単なる認証取得のルール適用ではなく、ご相談に応じながら最適な解決方法を個別でご提案させて頂きます。
弊社では、GAP認証取得を目指す皆様とご一緒に、最適なコンサルティング・サポートを実施致します。

  • 認証取得後のサポート・フォローアップ

月額顧問契約により、運用・登録範囲の拡大・審査対応など強力にサポート致します。

★弊社では、ISO9001(品質マネジメント規格)の認証を取得し、日々の活動を通じて実践しています。

JGAP、ASIAGAP認証取得のご相談、認証取得までのサポートにつきましては、弊社GAP指導員が担当致します。
また、弊社では、GAP、HACCPをはじめとする食の安全に係る管理体制の構築や従業員の衛生教育など、お客さまの目的に応じたご支援を行っております。
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

→お問い合わせは

PAGE TOP